目の下のクマ取り – 改善への近道はやはりクリニックでの治療 | 銀座みゆき通り美容外科の美容コラム | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

美容コラム

  • 美容コラム
  • 目の下のクマ取り – 改善への近道はやはりクリニックでの治療
目のクマ
2022年11月10日

目の下のクマ取り – 改善への近道はやはりクリニックでの治療

目の下にできるクマには「茶クマ」「青クマ・紫クマ」「黒クマ・影クマ」「赤クマ」と呼ばれる4種類があります。
クマというと、“疲労”や“寝不足”などのイメージがありますが、クマの種類によってできる原因は様々であり、それぞれの特徴に合わせて適切なケアをする必要があります。

ファンデーションでその場しのぎの対処をしていたという方は、是非それぞれのクマの治療法を知って、根本的なクマ改善をしていきましょう。

茶クマは、主に皮膚へ刺激が加わることで、変色し、色素沈着したものです。目の周りへ刺激を与えることでメラニン色素が分泌され、茶色くなってしまっているので、大切なのは肌に与える刺激をできるだけ少なくしてあげることです。治療法は、シミやくすみと同様に、レーザー治療で改善していきます。

茶クマは基本的にシミやくすみなどと同じように、皮膚にメラニン色素が沈着してしまっている状態ですから、レーザーでメラニンの過剰生成を抑え、ターンオーバーを促進することでメラニンを肌の外に排出させます。これと合わせて、メラニン生成を抑える薬を服用いただくことで、茶クマを改善させていくことができます。

レーザー治療を行ったら、医療機関で使用できる高濃度のビタミンCやトラネキサム酸などが入った化粧品を塗布することで、より一層お肌の透明感をあげることができます。

青クマは、皮膚の下にある静脈が肌の表面から見える状態になったものです。もともと目元の皮膚は頬の皮膚などと比べると、薄く、デリケートですので、この部分に脂肪やコラーゲン製剤を注入することで青クマ・紫クマを改善していくことができます。

青クマ・紫クマを改善するには、目の下の皮膚から透けて見えてしまっている血管や眼輪筋を見えなくする必要があります。元々目の周りの皮膚は薄く、皮下脂肪も少ないですから、これを補うためにも、目の下に脂肪を注入していきます。そうすることで、血管や眼輪筋が透けるのを防ぎ、皮下脂肪の少ない目の下と皮下脂肪のあるその他の部分との間にできがちな線も改善することができます。

この際に注入する脂肪はどんな脂肪でもいいというわけではなく、注入後腫れが少なく、また定着しやすいものを入れる必要があります。

当院では、ご自身から摘出した脂肪を使い、目の下に注入する脂肪を生成していきます。もともと脂肪には不純物が含まれていますが、これを特殊な処理をすることで確実に分離し、元気な脂肪細胞と脂肪幹細胞だけを濃縮してから注入していきます。(コンデンスリッチファット・マイクロナノファット)こうした処理を事前に行うことにより、注入後は80%程度の定着が期待でき、多少吸収されることも見越して最適な量を注入することで、仕上りも自然に長期間効果が持続します。

黒クマ・影クマは、目の下にある眼窩脂肪(がんかしぼう)が加齢とともに下がった眼球の重さによって押しつぶされ、前に出てくることにあります。眼窩脂肪は上から押されても、本来は目の下の皮膚や筋肉で前に出ないように抑えられるのですが、こちらも加齢とともに皮膚が薄くなり、筋肉も衰え、脂肪を抑えることができずに、前に押し出され、ふくらんでしまうというわけです。その膨らみの下に影ができ、黒く見えてしまうのが黒クマ・影クマです。

目の下が膨らむことで影ができ、黒クマ・影クマになるということは、この膨らみの原因である余分な脂肪を取り除くことが黒クマ・影クマ改善につながります。逆に、目の下が痩せてくぼんでできる黒クマ・影クマもあるので、こうした場合は脂肪やコラーゲンを注入することで凹みを改善していきます。年を重ねると、皮膚の張りがなくなったり、皮膚の下にある筋肉やコラーゲンは減少していきますので、部分部分で適量を抜いたり、補充したりしながら、自然なラインに仕上げていくことが大切です。

たるみや膨らみの原因になっている眼窩脂肪を必要な分だけ取り除く方法としては、メスで切開するのではなく、下まぶたの裏側に小さな穴を開け、そこから脂肪を取り出す方法があります。まぶたの外側ではないので、傷跡も残らず、術後もすぐにメイクできます。

前述の経結膜脱脂法で除去した脂肪を加工してから、凹んでいる部分に注入していきます。
比較的軽度の方に適します。

目の下の膨らみの原因となっている眼窩脂肪を皮膚下で凹みがある部分に移動させ、フラットな目の下を作る治療です。比較的軽度の方に適します。

前述の経結膜脱脂法で除去した脂肪してから、定着性の良いマイクロコンデンス脂肪とマイクロナノリッチ脂肪を注入します。目の下から頬にかけてのラインを自然に綺麗に形成できます。軽度の方から重度の方まで、幅広く適応します。

脱脂の必要がない場合などにコラーゲンを注入するだけで少しボリュームが出て、自然な仕上がりになります。ただし、コラーゲンの場合は、身体に吸収されてしまうので、脂肪と比べると効果は長くは持続しません。

経結膜脱脂法で眼窩脂肪を適量除去した後で、コラーゲンを注入することで目の下から頬にかけてのラインを自然に綺麗に形成できます。こちらもコラーゲンが身体に吸収されてしまうので、脂肪と比べると効果は長くは持続しません。

これまで美容クリニックで行う目の下のクマの改善の施術を見てきました。では、自宅でのケアでは、クマを改善することはできないのでしょうか。効果があるものとそうでないものを「アリ」「ナシ」で紹介していきます。

洗顔やパッティングなどお肌に刺激を与えがちなケアをする際には、“ゴシゴシ”や“パンパン”ではなく優しく行うこと。特に、茶クマはお肌への刺激も原因の一つですから、こうしたケアは日頃から意識して行うと効果的です。

ホットタオルなどでお肌を優しく温め、血行を促進してあげるのはリラックス効果も含め、おすすめです。

乾燥はお肌の大敵!乾燥すると、新陳代謝が落ち、クマも改善されにくくなります。お手入れの最後には必ずクリームでしっかりとふたをして保湿することです。

メラニン色素をこれ以上分泌させないために紫外線対策を忘れず行うことはとても大切です。シミやくすみと同じ原因を持つ茶クマには、特に効果的です。

適度な運動は新陳代謝の向上や血流の改善に役立ちます。日頃のストレスや睡眠不足はお肌に悪影響を与えるので、こうしたことを改善する健康的な生活を送るよう心がけましょう。

市販の美白化粧品に含まれる美白成分は、濃度が薄く、分子も大きいことからほとんどがお肌に浸透することなく終わってしまいます。もちろん丁寧なケアを行っていれば、お肌の水分量が上がるので透明度が上がったように見えますが、クマなどといったお肌そのもののトラブルを根本的に解決するには、やはり美容クリニックで医師に相談した方が近道になります。

マッサージを行っても、現実的にはクマの改善にはそれほど効果が出ないのが現実です。逆に、マッサージが原因でしわができてしまったり、過度な刺激が加わって、その部分に新たな色素沈着が起こったりなど自宅ケアは難しいものです。気持ちのいい程度に優しく行うのはいいですが、過度なマッサージは厳禁です。

化粧品の成分をお肌に浸透させようと美顔器を使ってお手入れされる方がいらっしゃいますが、前述の通り、市販の化粧品の成分には法律で制約があり、目の下のクマに効果を発揮するほどの成分は含まれていないので、現実的ではありません。

銀座みゆき通り美容外科では、メールで画像診断を行なっています。
クマについてお悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

画像メール診断はこちら
  • 美容コラム
  • 目の下のクマ取り – 改善への近道はやはりクリニックでの治療

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2022 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成 All Rights Reserved. 監修・文責 医師・医学博士 水谷和則