副乳除去 | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

副乳除去の施術

項目を選択すると該当箇所へ移動します

人は通常乳房や乳首が左右一対だけですが、犬や猫などの動物にはたくさんの乳房や乳首があります。人も哺乳類ですので、進化の名残として、稀に乳房や乳首が複数できる場合があり、日本人でも10人に1人程度はこの副乳があると言われています。この本来のバスト以外の位置にできた乳腺や乳首を副乳といいます。副乳は、わきの下~乳頭~脚の付け根のライン上にあります。左右同じ位置に一対の場合もあれば、片側だけの場合もあります。

大きさは一般的には小さく、本人でも気がついていないことも多いですが、まれにかなり大きな乳頭として存在する場合もあります。副乳は特に悪いものではなく、ほっておいても問題ないのですが、気になる場合は簡単な手術で除去することができます。

副乳が乳首や乳輪だけの場合は、イボやホクロを切除するような要領で切除して、丁寧に縫合します。乳腺もある場合には、皮膚切除に加えて乳腺もくり抜いて除去します。くり抜いた部分が陥没しないように修正して、皮膚を丁寧に縫合します。

手術後、麻酔が切れると若干痛みが出る場合がありますので、痛み止めの内服薬を処方しております。麻酔が切れる前に内服して、手術当日はできるだけ安静にお過ごしください。患部はガーゼで保護しますが、その上から締め付けの少ないブラジャーをお使いいただけます。

患部を保護するガーゼは手術の翌日に外し、以後、石鹸を使いシャワーで洗い流すことができます。微量の出血が数日程度続く場合があるので、シャワー後に交換用のガーゼを患部に当ててお過ごしください。

日常生活や家事、事務仕事は翌日から可能です。シャワー浴は翌日から可能、湯船の入浴は1週間後から可能です。

飲酒や運動は1週間控えてください。乳首への強い刺激は1ヶ月間程度避けるようにしてください。1週間後に抜糸の通院があります。

  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。
北村珠希Dr

2001年 東京慈恵会医科大学医学部卒業
2001年 東京慈恵会医科大学付属病院勤務
2008年 美容外科専門クリニック勤務
2010年 銀座みゆき通り美容外科勤務

日本美容外科学会(美容外科専門医)
日本美容外科医師会
日本形成外科学会(形成外科専門医)
国際形成外科学会
日本抗加齢医学会(抗加齢医学専門医)

伊藤明日香Dr

2012年 東京大学医学部医学科卒業
2015年 東京大学医学部附属病院 形成外科・美容外科
2016年 帝京大学医学部附属病院 形成外科
2018年 美容外科・皮膚科 勤務
2020年 美容皮膚科 院長
2022年 銀座みゆき通り美容外科 勤務

日本美容外科学会 正会員(JSAPS)
日本美容外科学会 正会員(JSAS)
日本形成外科学会(形成外科専門医)
日本抗加齢医学会 会員
日本美容外科医師会 会員

副乳の除去手術をした後に、症状が再発することはありますか?
きちんと切除しますので再発の心配はありません。
副乳の除去手術の傷跡は目立ちませんか?
傷痕は初めのうち赤みがあり、若干色素沈着する場合もあります。最終的には目立たないごく小さな跡程度に治ります。美容外科・形成外科の認定専門医が丁寧に施術しておりますので、ご安心ください。
副乳の除去手術をした後に、どのくらいで仕事復帰できますか?
事務仕事や家事程度であれば、翌日から普通に仕事復帰できます 汗をかくようなお仕事の場合は、加減すれば翌日からでも可能ですが、可能なら数日程度回復を待ってから復帰としたほうが良いでしょう。
未成年ですが手術できますか?
手術同意書のご記入などにより保護者の同意が確認できれば手術できますが、原則として保護者の方とご一緒にカウンセリングを受けるようにしてください。

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2022 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成 All Rights Reserved. 監修・文責 医師・医学博士 水谷和則