MWデュアルリフト | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

MWデュアルリフトの施術

20代の方
フェイスラインをシャープにして、将来のたるみ予防に
30代の方
たるみの進行を抑えながら、軽度のたるみを引き上げて改善
40代の方
たるみの進行を抑えながら、中程度のたるみ引き上げ・ほうれい線・マリオネットラインを改善して若々しい印象に

治療前

治療後

お顔のたるみは、加齢によって誰にでも起きる現象です。

しかしたるみの始まりや進行には個人差があり、皮膚の構造や骨の形・大きさなどにより同じ性別や年齢でもたるみの出方は変わってきます。

同世代なのに、なぜか若々しく見える人はいませんか?

そういう人はやはり、たるみが少ないのです。

今の医療技術では、たるみを完全に無くし10代の頃のようなフェイスラインを保つことはできません。皮膚を切らずに、引き上げ力のある溶ける糸を使うことでたるみを自然に引き上げ、進行を遅くすることがこの治療の目的です。

また定期的に治療することで効果を持続させることもできます。

人間の顔には、たるみやすい部分と、たるみにくい部分があります。頭皮は硬い骨膜があるためほとんどたるみません。また鼻は軟骨によって固定されているので、こちらもたるみません。

たるみやすいのは、鼻と頭皮の間にある皮下脂肪の多い部分です。(たるみゾーン)

このたるみゾーンをどのように引き上げるか、たるみを防ぐかが治療のポイントです。

MWデュアルリフトとは、体内に自然に吸収されるいわゆる「吸収糸」を使った、メスを使わない「皮膚を切らない・縫わない」リフトアップ治療です。

皮膚を切除することなく、気になるたるみゾーンを改善します。糸を挿入するだけなので、傷跡が目立つ心配もなく、今まで治療を諦めていた方にもおすすめできます。

  • 切らないから傷が残らない
  • 吸収糸だから異物が残らない
  • 挿入するだけ腫れにくい
  • 持続期間が長い
  • 治療直後からすぐに効果

MWデュアルリフトでは、たるみゾーンを3つに分けて、患者様のたるみの状態や気になる部位に合わせて糸を挿入します。

フェイスライン・頬部分の全体的なたるみを引き上げるAの部位を基本として、ほうれい線が気になる場合はBの部位を引き上げ、目尻やこめかみが気になる場合はCの部位を引き上げます。

1本ごとの引き上げ力が強いので、通常で片側3本ないし5本の糸で十分に効果が得られます。

MWデュアルリフト治療の特徴
MWデュアルリフト治療の特徴
たるみ予防としても積極的にお勧めしたい、吸収糸リフト

当院では多くの20代の方に、この吸収糸リフトの治療を受けていただいています。

たるみ症状は20代でも起こりますし、この治療をすることでスッキリシャープなフェイスラインになることができます。

またPCL吸収糸は皮膚のコラーゲン増生を高めることが分かっており、たるみの出にくい皮下組織を作ります。つまり、将来的なたるみ予防にとても有効だということです。

加齢とともに、たるみ症状は誰にでも起こることですが、症状が出始める前に対策しておく事で、5年後10年後に差が出てきます。

MWデュアルリフトで使用する糸(吸収糸)は、PCLと呼ばれる医療用素材で作られています。このPCLという素材は2〜3年かけて吸収されるため、従来の1年程度で吸収される糸に比べて効果が長持ちします。

MWデュアルリフトの糸

MWデュアルリフトで使用する糸(吸収糸)は立体成型で作られているため強度があり、またコグも(凹凸の加工)も成型技術で皮膚をしっかりも持ち上げられるように作られています。

吸収糸による治療で重要なのは、ただ持ち上げるだけでなく持ち上げた状態をキープ(固定)することです。MWデュアルリフトでは、持ち上げるためのリフトアップ糸と、キープするための固定用糸を組み合わせて使用します。

だからしっかりリフトと、しっかりキープが両立した治療といえます。

PCL吸収糸を皮下に入れることで肌細胞が活性化され、肌の内側からハリ感やツヤ感も改善させます。またPCL吸収糸は徐々に皮下組織に吸収されますが、皮下のコラーゲンを増大させるので、たるみにくい皮下の弾性組織を作ります。

モニター001:36歳女性
MWデュアルリフト(溶ける糸によるリフトアップ治療)

治療前

症例写真

治療後

症例写真

モニター002:36歳女性
MWデュアルリフト(溶ける糸によるリフトアップ治療)

治療前

症例写真

治療後

症例写真

モニター003:37歳女性
MWデュアルリフト(溶ける糸によるリフトアップ治療)

治療前

症例写真

治療後

症例写真

モニター004:37歳女性
MWデュアルリフト(溶ける糸によるリフトアップ治療)

治療前

症例写真

治療後

症例写真

モニター005:28歳女性
MWデュアルリフト(溶ける糸によるリフトアップ治療)

治療前

症例写真

治療後

症例写真

モニター006:35歳女性
MWデュアルリフト(溶ける糸によるリフトアップ治療)

治療前

症例写真

治療後

症例写真

モニター007:30歳女性
MWデュアルリフト(溶ける糸によるリフトアップ治療)

治療前

症例写真

治療後

症例写真
  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。

皮膚をリフトするので、最初は違和感を感じる場合もありますが、数日から1週間程度で 馴染みます。

当日からメイクができますが、クレンジングなどでこするのは1週間程度避けてください。

切らない治療なので、腫れは起こりにくくなっています。ただし体質によっては2~3日軽く腫れる可能性もあります。

糸は2年から3年かけてゆっくりと吸収されますので、効果の持続は2年程度が目安です。

医師個人輸入による韓国製未承認薬剤(吸収糸)を使用します。

本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療薬剤はありません。

国内未承認の為、重大なリスクが明らかになっていない可能性があります。

https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

リフト効果はどれくらいで実感できますか?
リフト糸がたるみ部位に直接作用するので、治療直後からすぐにリフトアップ効果を体感できます。
治療に痛みはありますか?
局所麻酔を使用するため、治療中に痛みを感じにくくなっています。
麻酔は注射を使用しますが、極細の注射針を使用するのでこれも痛みはほとんど感じません。
ツッパリ感や違和感はありませんか?
皮膚をリフトするので、最初は違和感を感じる場合もありますが、数日から1週間程度で馴染みます。
治療後、メイクはいつからできますか?
当日からメイクができますが、クレンジングなどでこするのは1週間程度避けてください。
治療後は腫れますか?
切らない治療なので、腫れは起こりにくくなっています。ただし体質によっては2〜3日軽く腫れる可能性もあります。
傷跡などはできませんか?
針穴程度の小さな穴から糸を挿入します。針穴は注射の時の穴と同じなのでしばらくすると消えます。
効果はどれくらい持続しますか?
PCL糸は2年から3年かけてゆっくりと吸収されますので、2年程度が目安です。その後ゆっくり効果が減っていくので、そのタイミングで再度治療すれば効果を維持することが可能です。

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2021 ginza miyukidoori biyougeka All Rights Reserved. このサイトの監修・文責 医師・医学博士 水谷和則