わきボトックス注射によるワキガの臭いの治療 | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

わきボトックス注射の施術

わきがの原因となる汗そのものの分泌を大幅に減らすのが、「ボトックス」注射です。わきのにおいだけでなく、嫌な汗じみを防ぐために、定期的に施術される方も多い治療です。ブラウスなど汗じみが目立ちやすい服装でお仕事されている方やグレー系などのジャケットを着用する必要がある方などにおすすめの治療です。

安心のマーク・ボトックスビスタ

ボトックス(botox)とは、A型ボツリヌス毒素から抽出した、毒性のない製剤(毒性のないA型ボツリヌストキシン)の事で、わきの汗腺の働きを弱める作用があります。このボトックスを注入することでわきの汗腺の活動を抑え、わきの汗の量を大幅に減らすのがわきボトックス治療です。痛みや違和感も少なく、注入直後から普段通りの生活ができます。施術にかかる時間も短く、アレルギーなどの副作用もほとんどありません。

個人差はありますが、だいたい2~3日で効果が出始め、3~6か月程度続きます。

BOTOX(ボトックス)はもともと、眼瞼痙攣などの神経学上の症状を改善する製剤として1989年にFDA(米国食品医薬品局)に承認され治療に使用されてきました。その後、眉間のシワ治療薬としてFDAに承認されてから美容目的での使用が増え、メスを使わないプチ整形のシワ取りとして広く利用されるようになりました。日本国内向けの正規品につきましては、2009年に厚生労働省より承認を得ています

BOTOX(ボトックス)はもともと、眼瞼痙攣などの神経学上の症状を改善する製剤として1989年にFDA(米国食品医薬品局)当院では、適切な保管・運送体制が保証された、日本国内向けの正規品である「BOTOX VISTA」(ボトックスビスタ)を、アラガンジャパン株式会社より直接購入しております。

安心のマーク・ボトックスビスタ

ボトックス治療は、この治療の安全性および有効性を十分に理解し、施注手技について十分な知識と経験がある医師が行わなければなりません。医師がボトックス治療を行うためには、事前にA型ボツリヌス毒素製剤の取り扱いに関する講習・実技セミナーを受講し、施注資格を取得することが義務付けられています。

銀座みゆき通り美容外科の医師およびスタッフはアラガン社の講習・実技セミナーを受講し、有効性・安全性ならびに薬剤の取り扱いについて正しい知識と技術をご提供いたします。

アラガンジャパン認定医師だけが施術

STEP1

手順1

わきの下は予め剃毛(わき毛の処理)をしておきます。

注射位置をマーキングてから消毒します。

その後、麻酔クリーム冷却で無痛になってから注射します。

極細注射針で行うので針痕も残りません。施術時間は5分程度です。

ご希望により、男性医師・女性医師を選んでいただくことも可能です。

STEP2

手順2(術後の経過)

注射直後は軽い筋肉痛のような感覚がありますが数日でなくなります。

日常生活は問題ありません。 個人差はありますが効果は3ヶ月から6ヶ月程度です。

手のひらの多汗は手掌多汗症といい、交感神経の働きに関連があります。重度の場合は手術による治療も行なわれていますが、当院では手術ではな手のひらや足の裏の多汗対策として ボトックス注射を行なっています。

手のひら・足の裏へのボトックス注射
  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2021 ginza miyukidoori biyougeka All Rights Reserved. このサイトの監修・文責 医師・医学博士 水谷和則