ヒアルロン酸注射 | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

ヒアルロン酸注入の施術

気になるほうれい線、頬、額のしわ、小じわなどを解消。

リフトアップも叶い、ナチュラルでふっくらしたハリのあるお肌に導きます。

こんな悩みはありませんか?
  • ヒアルロン酸注入に興味はあるけれど、痛みが心配
  • ほうれい線や口まわりのしわが目立ってきた
  • 目の周りがくぼんで表情が暗く見える
  • 疲れていなくても目の下のくまが気になる
  • たるんだ顔をリフトアップしたい
  • ふっくらとした頬にして、ハリがほしい
  • コメカミや横顔の凹みが気になる
  • 小じわ、たるみじわが気になる

ヒアルロン酸は、皮膚、眼球、関節など体内の様々な部位に存在している保水・保湿成分です。皮膚においては、肌のハリやうるおいを保つ大切な役割を持っています。

ヒアルロン酸注入は、メスを使わないため心理的抵抗も少なく、ダウンタイム、キズ跡の心配もありません。注射を用いて、気になるほうれい線のしわや目の下のしわにヒアルロン酸を注入すると、ヒアルロン酸が真皮の内側から肌を持ち上げて、しわの溝を改善します。施術時間もわずか10分程度と短く、その場で肌がふっくらとボリュームアップしたことを実感できます。

ヒアルロン酸注入の特徴

多くのクリニックで実施しているヒアルロン酸注入ですが、より自然で長持ちさせる注入を行うためには、一人ひとりのしわの部位や状態にあわせて注入方法を微妙に変化させる必要があります。当院では、画一的な注入は行わずに、患者さんにあわせて医師が注入する量、注入箇所を調整しながら理想的な仕上がりになるよう行っています。

しわ治療注射の特徴

定期的に続けていただく施術だからこそ、施術時の痛みは重要な問題です。当院では、注入前には患部を冷却し、麻酔入りのヒアルロン酸製剤を使うことで痛みを大幅にやわらげています。安心して施術を受けていただくために、初めての方には不安な点を解消できるよう、十分なカウンセリングを行っております。

ヒアルロン酸注入でもっとも多いトラブルは、内出血、腫れや青アザの発症です。非常にまれですが、ヒアルロン酸が血管に詰まる塞栓症という重症のトラブルも起こりえます。どちらにも血管を傷つけないよう先端が丸くなったカニューレを使うことが有効な対策になります。当院では可能なかぎりカニューレを使用して、トラブルを未然に防いでいます。

ほうれい線、ゴルゴラインを改善したいと来院される方の多くは、その部位だけの問題ではなく、頬のたるみや脂肪の厚みなど複合的な原因でほうれい線になっていることがあります。お顔全体の若返りを希望される際には、ヒアルロン酸を使ったリフトアップ術(フィラーリフト)も可能です。この施術法ならば、お顔全体を若々しく華やかな印象に変えます。

しわ治療注射の注入部位

目元のしわや口もとのほうれい線に悩んでいる方。1回の治療で即効性があり、直後からふっくらしたハリ感を実感できます。最近では、お顔だけでなく手や首などにもヒアルロン酸を注入することができます。

薄い唇、縦じわが目立つ唇にはヒアルロン酸注入が効果的です。ふっくらと女性らしい印象の唇が叶います。

鼻のつけ根に高さを出したい、鼻先、あご先をシャープにしたい方。メスを入れるのではなく、ヒアルロン酸で形を整えるだけで、グッと華やかな顔立ちになります。

もともとヒアルロン酸は体内に存在する成分のため、ヒアルロン酸は成分そのものに保水力があり、肌のハリや弾力を保つのに優れています。メスを使わずに注射だけで、しわやほうれい線を改善できる点から人気の施術となっています。

しわ治療注射と相乗効果のあるヒアルロン酸注入

従来のヒアルロン酸注射による効果の持続は、3〜6ヶ月と言われていましたが、アラガン社のジュビダームビスタ® ボリューマ・ボリフトにおいては、新製法『Vycross®(バイクロス)』技術によって、平均18〜24ヶ月の持続効果が厚生労働省によって認められています。

また、ヒアルロン酸そのものに麻酔が入っているため、注入時の痛みが軽減され、痛みが心配な方でも安心して受けて頂けます。

1,持続期間の向上(ボリューマの場合、平均24ヶ月の持続期間)

2,注入後、ヒアルロン酸自体の膨潤が低減(むくみっぽくなりづらい)

ヒアルロン酸は元々体内に存在し水分保持作用が高いことはよく知られていますが、ヒアルロン酸注入材においてはヒアルロン酸の水分吸収は仕上がりを左右してしまいます。

Vycross®技術は分子同士が密であることで水分が入り込みにくい構造となっており、注入後の水分吸収が従来のヒアルロン酸注入材に比べ約1/4以下に抑えられ、仕上がりが安定しやすくなっています。

また体内の水分を含みにくくなったことで、水分中に存在するヒアルロン酸分解酵素ヒアルロニダーゼによる分解を遅らせることができます。つまりヒアルロン酸が長期間残りやすくなるため、効果が長持ちすることが期待できます。

アラガン社ジュビダームビスタ®︎の最新技術『Vycross®(バイクロス)技術』を用いたヒアルロン酸として、現在ボリューマXC、ボリフトXCの2種類が厚生労働省の認可を得ています。それぞれの特性を活かし、注入層や部位によって使い分けます。

また、硬さだけを重視したヒアルロン酸製剤は注入後にボコッとお肌の上から見えることもありますが、ボリューマXC、ボリフトXC共にお肌へのなじみが非常によく、自然な仕上がりが期待できます。

しわ治療注射と合わせてお勧めのスレッドリフト

皮膚構成成分一種ヒアルロン酸(レスチレンSUB-Q)を使用し、通常のヒアルロン酸と比べ一つ一つの粒子が大きい為、しっかりとした高さを出す治療に最適です。感触もよく、自然な仕上がりが可能です。

ヒアルロン酸施術と相性の良いしわ治療注射

ヒアルロン酸注入によって、主にほうれい線やマリオネットラインなどのいわゆる『静的しわ』の改善に用いられますが、一方の眉間や目尻、額のしわといったいわゆる『動的しわ』は、ヒアルロン酸ではなくボトックス注射が適用となります。

お顔のしわは、動的しわと静的しわの2種類です。つまりしわ治療においては、ヒアルロン酸注入とボトックス注射は非常に相性の良い組み合わせです。

相乗効果のあるスレッドリフト

ヒアルロン酸注入は、メスを使わないので、気軽に始められる治療として大変人気です。

継続的なしわの改善や、より効果的なしわ・たるみの治療をご希望の方には、ヒアルロン酸注入と併用することで高い相乗効果を生むスレッドリフトも提案しています。糸を肌に挿入する治療法ですが、糸についているコグが挿入後にコラーゲンを生成させ、お肌にハリ感が生まれます。ヒアルロン酸と併用すると、一層のコラーゲン生成を誘導し、ハリ、しわ改善にさらに高い効果をあげます。

STEP1

ドクターのカウンセリング

なりたい顔のイメージ、どの程度までしわを改善するかなど医師とカウンセリングします。しわの状態に合わせて数種類あるヒアルロン酸から最適なものを選択します。

STEP2

洗顔

洗顔用品はクリニックにご用意してあります。

STEP3

麻酔・注入

ご希望の方には、麻酔クリームを塗布いたします。しわが気になる部位にヒアルロン酸を注入します。

STEP4

メイク

メイクをしてお帰りになれます。特に日常生活に支障はありませんが、お顔のマッサージなどは控えてください。また何か不安なことがありましたらいつでもご相談頂けます。

  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。

ヒアルロン酸注入のトラブルの中で多いのは、腫れる、内出血を起こす、凹凸ができたなどです。腫れや内出血は時間の経過とともに収まりますが、凹凸ができると治すのが困難です。また、打ち過ぎることで不自然な顔になってしまうこともあります。トラブルを避ける意味でもクリニック選びは重要なことと言えます。

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2022 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成 All Rights Reserved. 監修・文責 医師・医学博士 水谷和則