小鼻縮小や鼻整形 | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

小鼻縮小(鼻翼縮小)の施術

小鼻が上や横に大きく広がっていて鼻が大きく見えてしまったり、鼻の穴が大きく強調されて見えてしまうような場合には、小鼻を縮小する小鼻縮小術で改善できます。

手術は、鼻の穴の内側からアプローチして、小鼻の溝にかけての傷が目立たない部分を小さく切除。横に広がった小鼻を、鼻全体とのバランスを見ながら丁寧に縫い縮めます。

施術時間は30分程度。鼻の穴が目立たなくなり、小鼻もすっきりと小さくなります。鼻筋を整える隆鼻術や、鼻先の形を整える鼻尖形成など他の治療と組み合わせることで、鼻全体をすっきり整えることもできます。

小鼻縮小術(鼻翼縮小術)とは

当院で行なっている小鼻縮小(鼻翼縮小)には3つの手術方法があります。一人ひとりの鼻の形やバランスに合わせて、最適な術式を選択します。

小鼻(鼻翼)の付け根で鼻の穴の内部を小さく切開して、糸をループに通して適度に結び寄せ、小鼻(鼻翼)の付け根の幅を狭くする方法です。小鼻(鼻翼)の付け根自体が幅広く、付け根からサイドにはみ出しがあまりない方に適しています。

小鼻縮小(鼻翼縮小)ループ固定法

小鼻(鼻翼)の付け根を切除して縫合することで、小鼻(鼻翼)の膨らみを軽減させる方法です。小鼻(鼻翼)の付け根からサイドにはみ出しが多い人が適しています。主に鼻の穴の中を切除するので傷痕は目立ちません。小鼻(鼻翼)の横方向のはみ出しがなくなりすっきりします。切除幅に応じて鼻の穴の大きさも小さくなります。

小鼻縮小(鼻翼縮小)内側切除法

小鼻(鼻翼)の付け根を切開して皮膚のフラップを作り、フラップを引き寄せることにより、小鼻(鼻翼)の膨らみを軽減させると同時に小鼻(鼻翼)の付け根を狭く寄せる方法です。小鼻(鼻翼)の付け根自体が幅広く、付け根からサイドにはみ出しがある場合に適しています。小鼻縮小(鼻翼縮小)効果が最も高い方法です。

小鼻縮小(鼻翼縮小)内側切除法フラップ固定法

症例写真
(小鼻縮小:内側切開フラップ法+外側切開法、鼻尖縮小+耳軟骨移植、頬脂肪吸引)

症例写真(小鼻縮小:内側切開フラップ法+外側切開法、鼻尖縮小+耳軟骨移植、頬脂肪吸引)
  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。

手術後は腫れや内出血が出る場合がありますが、数日で消失します。

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2021 ginza miyukidoori biyougeka All Rights Reserved. このサイトの監修・文責 医師・医学博士 水谷和則