眼瞼下垂 | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

上まぶたのたるみ・眼瞼下垂の施術

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱くなってしまい、目がしっかりと開かなくなる症状のことです。皮膚が目尻にかぶさり、目つきが悪くなってしまい、いつも眠そうで、ぼんやりしているような印象になります。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂にはもともの眼瞼挙筋が弱い先天性のものと、外傷性、老人性、神経筋疾患によるものや、コンタクトレンズを長期に装用したことによる後天性のものもあります。特に最近はスマートホンなどを長時間見たり、目を酷使する方が増えたため、10代から20代、30代の比較的若い方でも症状が出る方が増えています。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂になってしまうと、実はかなり良くないことが起こります。眼瞼下垂は、自覚症状があまりのないまま進行してしまう方も多く、症状が進むと様々な問題を引き起こします。

  • 頭痛や肩こり、眼精疲労などが起こります。
  • 目が開きづらいことを補うために、無意識に額や眉を上げて目を開こうとするので、額のシワの原因になります。
  • 症状によってはまぶたの皮膚が重なり合って三重・四重になったり、開き方に差が出てきて、目の形が左右で全然ちがうようになる場合もあります。
  • 運転される方、スポーツされる方は、視界が狭くなってしまうので危険なことがあります。

当院で行なう眼瞼下垂治療は2種類の方法があり、状態に応じて適した方法をご案内いたします。

二重まぶた埋没法のように、皮膚を切らずにまぶたの裏側からアプローチして、眼瞼挙筋(ミュラー筋)を糸で結んで、縮めることで改善するのが「挙筋タッキング法」です。皮膚を切らずに治療したい方、比較的軽度の方に適応します。

治療方法はボトックス注射で筋肉の働きを弱める方法と、手術によって目尻を下げる方法があります。

治療の種類

二重まぶた切開法のように皮膚切開して、眼瞼挙筋腱膜という部分と、瞼板とよばれる瞼の先端にある部分を糸で結んで固定する方法です。

治療の種類

当院の眼瞼下垂治療は健康保険の対象外となります。(自費治療のみ) いわゆる保険診療で行なう眼瞼下垂の治療は、症状の改善を目的として行なうので、仕上がりの美しさや自然さはあまり考慮されません。それに比べて美容外科で行なう眼瞼下垂治療は健康保険は使えませんが、仕上がりの美しさや自然さを重視して治療を行なうことができます。

また、保険診療で行える治療方法は切開法のみのため、軽度の眼瞼下垂でも保険診療で行う場合は、切開による治療になります。加えて、担当医師が病気の症状があると診断した場合のみ保険適応となるため、症状の自覚があっても保険適応外(自由診療)となるケースもあります。

症例写真1

治療の種類

症例写真2

治療の種類

症例写真3

治療の種類
  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。

手術後は腫れが出る場合があります。抜糸まで1週間程度は糸が付いた状態になります。

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2021 ginza miyukidoori biyougeka All Rights Reserved. このサイトの監修・文責 医師・医学博士 水谷和則