女性器(ヴァギナ)の形成、整形 | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

女性器の形成

女性器の色や形など、デリケートゾーンのお悩みは誰にも相談しづらいものです。 当院では経験豊富な女性医師が担当し、あなたのお悩みに真摯に向き合います。一人で悩まずに、女性として同じ目線で向き合うことができる医師にご相談ください。

小陰唇縮小術
膣縮小術

待合室から診察室、処置室まで完全個室でプライバシーに配慮しています。

お電話やメールの対応もすべて女性スタッフだけで行なっています。

多くの症例件数を持つ、女性医師が治療しています。

小陰唇を部分的に切除し、小さく整えます。
小陰唇と大陰唇の間の不要な皮膚を除去します。
大陰唇を部分的に切除し、小さく整えます。
クリトリス包皮を部分的に切除し、クリトリスを適度に露出させます。
破れた処女膜を、破れる前の状態に戻す治療です。
広がった膣を狭める治療です。

小陰唇が外にはみ出していたり、左右の大きさが不揃いだったり、色が黒ずんでいたり、陰部の悩みを抱えている女性は、実はとても多いものです。しかし、気軽に他人と比べられるものではないし、場所が場所だけに不安や不満を感じつつも一歩先に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

肥大した小陰唇は下着に擦れたり、ジーンズなどタイトな洋服を着用すると挟み込まれたりしやすく、とても不快です。中には痛みや腫れを伴って辛い思いをしている人もいます。

肥大した小陰唇には汚れが付着し臭いの原因にもなりやすく、必要以上に衛生面に気を使う必要があります。 またデリケートな皮膚でもあるため、ちょっとしたことで肥大部分に傷が付き、炎症を起こす恐れもあります。

大きさやいびつな形は、余分な皮膚を取り除く治療を行います。また手術の傷痕修正もご相談ください。大きさの縮小だけでなく、左右差にも配慮します。黒ずみについても治療法があります。婦人科形成手術は、わずか30分の日帰り手術です。ご遠方の方やお忙しい方の場合は、通院不要の手術も可能です。

女性器は感覚神経が集中しているために、他の身体の部分に比べて痛みに敏感です。だからこそ、当院の婦人科形成術は痛みにこだわります。例えばナノニードル。当院の婦人科形成の麻酔注射は、世界で最も細い注射針、ナノニードル(右写真の一番下)を使用して行います。針が大変細いため、皮膚に針が刺さった感覚もほとんど感じません。さらに局所麻酔を打つ時の針の痛みにも無痛にこだわる患者様のために別途オプションで、笑気麻酔(痛み止めのガスを吸入するマスク麻酔)、静脈麻酔(点滴で安眠する麻酔)などのご使用も可能です。

女性特有の悩みを、医師とはいえ男性に相談するのは辛く恥ずかしいものです。婦人科形成ですので、診察や手術も産婦人科の診察台に座ったような状態で行います。当院の婦人科形成治療(女性器の美容整形)は、女性医師が担当しますので、ご安心ください。

クリニックによっては、受付カウンターの前やカーテンで仕切っただけの簡易なスペース、あるいは 扉や壁で仕切られているものの隣に声が漏れるような部屋で診察やカウンセリングを行うことがあります。当院では待合い席も個別に仕切り、診察やカウンセリングは全て外に声が漏れる心配がない個室で行います。また完全予約制の診療としているため、他の患者様と重なる心配がありません。お時間も十分確保しますから、じっくりご相談いただけます。

手術代とは別に診察代、麻酔代や薬代、アフターケア代を請求するクリニックがあります。HPには"キャンペーン割引価格" を表示しておいて、実際に来院してみると、キャンペーンの手術は傷痕が目立つから傷が目立たない別の手術法が良いと説明し、高額請求をするクリニックもあります。当院では担当医による診察カウンセリングが無料、ナノニードルによる局所麻酔代や投薬代は手術料金に含まれています。手術後1年間は、アフターケア無料の保証付きです。診察後に手術に関わる費用の総額見積りを提示し、それ以外の追加費用は一切いただきません。

  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2021 ginza miyukidoori biyougeka All Rights Reserved. このサイトの監修・文責 医師・医学博士 水谷和則