膣のゆるみなど膣の縮小 | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

膣縮小の施術

膣縮小術は、内径が拡大した膣のトンネルの壁の皮膚を部分的に切除したり、膣を引き締める役割をする括約筋を狭める処置を行うことによって、膣を狭くする治療です。婦人科形成の中では小陰唇の悩みに次いでご相談が多く、出産後の膣の緩みが気になる患者様が来院されます。

  • パートナーに指摘された。
  • パートナーが性行為に不満足でないか、気になる。
  • 男性経験が多いと思われないかが気になる。
  • 膣口の広がりによって、膣の内部が露出して目立つ外見が気になる。
  • 入浴時に、膣の中にお湯が入りやすい。

産婦人科の診察台のような専用の手術台に両脚を乗せて仰向けになり、最小限度(通常はIラインのみ)を剃毛します。膣縮小術の場合、点滴から眠るお薬を注射する静脈麻酔という方法で手術を行います。静脈麻酔は別名無痛麻酔と呼ばれ、手術のはじめから終わりまで完全無痛で眠ったまま終わるので、痛みが苦手な方や緊張症の方でも心配ありません。

当院の膣縮小術は、注入ではなく切開して治します。 切開する際も、簡単に膣壁の皮膚を切除縫合するだけでなく、膣を引き締める働きをする括約筋を十分に縮めることで膣を確実に狭くします。また膣の入口付近だけではなく、奥のほう(子宮の入口付近)まで処置を施します。膣壁の皮膚も単純に切除縫合するのではなく、あえて少し残して膣壁にヒダを形成する手術法で行います。その方が単純に切除縫合するよりも手術効果が高く、性行為の際にパートナーの満足度もアップします。

当院の膣縮小手術手順

多くのクリニックでは、簡単に膣壁の皮膚だけを切除して縫合します。しかも、膣の入口付近だけに処置を施して手術を終わりにしてしまいます。ですが、膣壁の皮膚は簡単に伸びてしまうので、このような手術方法では十分な効果が得られません。 また、膣の周囲にヒアルロン酸や脂肪を注入すれば膣が狭くなると説明して、切らない膣縮小術を行っているクリニックもあります。膣は膀胱(ぼうこう:尿が溜まるところ)や直腸(便が溜まるところ)に挟まれた部分にあるので、もし注入するなら、膀胱と膣の間、膣と直腸の間に脂肪を注入することになります。仮に膣の周りに脂肪を注入して増やしても、脂肪が増えた分だけ隣の膀胱や直腸がその分へこむので、膣の縮小効果は期待できません。

手術後、麻酔が切れると少し痛みが出る場合がありますので、その前に痛み止め薬を内服し、手術当日はできるだけ安静にしてください。手術後数日は微量の出血があるので、この間はナプキンかガーゼを患部に当ててお過ごしください。日常生活や家事、事務仕事は翌日から可能です。シャワー浴は手術の翌日から可能です。バスタブに浸かる入浴は手術1週間後から可能です。

膣の中は溶ける糸で縫合するため抜糸の必要はありませんが、傷の治りを診察しますので1週間後に通院があります。また膣の出口付近をナイロン糸で縫合する場合があり、この場合は1週間後に抜糸の通院があります。

この他心配なことがあれば、いつでも無料で診察します。

  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。
北村珠希Dr

2001年 東京慈恵会医科大学医学部卒業
2001年 東京慈恵会医科大学付属病院勤務
2008年 美容外科専門クリニック勤務
2010年 銀座みゆき通り美容外科勤務

日本美容外科学会(美容外科専門医)
日本美容外科医師会
日本形成外科学会(形成外科専門医)
国際形成外科学会
日本抗加齢医学会(抗加齢医学専門医)

伊藤明日香Dr

2012年 東京大学医学部医学科卒業
2015年 東京大学医学部附属病院 形成外科・美容外科
2016年 帝京大学医学部附属病院 形成外科
2018年 美容外科・皮膚科 勤務
2020年 美容皮膚科 院長
2022年 銀座みゆき通り美容外科 勤務

日本美容外科学会 正会員(JSAPS)
日本美容外科学会 正会員(JSAS)
日本形成外科学会(形成外科専門医)
日本抗加齢医学会 会員
日本美容外科医師会 会員

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2021 ginza miyukidoori biyougeka All Rights Reserved. このサイトの監修・文責 医師・医学博士 水谷和則