ピコトーニング | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

ピコトーニングの施術

  • ソバカスや肌のくすみ、薄いシミを改善したい方
  • 肌の色味を改善し、ワントーン明るい肌になりたい方
  • 肌のキメを細かくしたい方
  • 美白にしたい方
  • 肌にハリ・弾力を取り戻したい方
  • ダウンタイムが取れない方

シミ・ソバカスは表皮層にあるメラニンという色素のあつまったもの。これらすべてのメラニンを無理なく少しずつ分解・排出してシミを薄くし、顔全体のくすみを改善して透明感のある白肌を実現するのがピコトーニングによる治療です。効果の高いレーザー治療でありながら、痛みや肌への負担、ダウンタイムがほとんどない全く新しいシミ・美白治療治療です。

今までのYAG レーザーやフォトフェイシャルなどの光治療は光のパワーをメラニンに照射することで「熱」に変換させてメラニン色素にダメージを与えて薄くするものでした。 これをフォトサーマル方式と呼び、見方によっては肌の内部でちょっとしたヤケドを起こさせているのと同じなので、どうしても痛みやダウンタイムがありました。

しかしこの新しいピコレーザーは光を熱に変換させずに、光そのものがシミ・ソバカスなどの色素を分解することができます。これをフォトメカニカル方式といいます。また、その光熱エネルギーが肌全体に及んで肌細胞を活性化させ、肌の新陳代謝が改善・向上します。さらに、コラーゲンを作る元となる線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を活発にし、肌のハリやツヤを改善する効果が期待できます。

紫外線などによって老化した肌にはシミ・ソバカス・くすみができ、キメも乱れ毛穴の開きや肌のざらつきなどの症状が現れます。

レーザーの光エネルギーがメラニン色素にダメージを与えて、同時にコラーゲンの生成を活性化します。シミの色素が分解されて薄くなってゆきます。

肌の新陳代謝が高まり、くすみのある角質は代謝で剥がれ落ちます。内側からハリのある、キメの整った新しい肌に生まれかわります。

シミや美白の効果だけにとどまらず、肌のターンオーバーを促してキメを整える、コラーゲンを増生して肌のハリを取り戻し小ジワを改善する、開いてしまった毛穴を引き締める、目元のくまを目立たなくする、肌の質感を向上させるなど、混在する様々な症状を1度に解消して、お肌をランクアップさせます。

従来のレーザーでは、治療に強い痛みがありました。しかし最新のピコレーザーは痛みがほとんど感じられないレベルまで制御されています。また、従来のレーザーは治療後にかさぶたができたり、赤みが続いたり、日常生活に多少の不便がありましたが、ピコトーニングはダウンタイムがないので、治療直後からメイクや洗顔ができます。

  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。

照射後は赤みが出る場合がありますが、1日で消失します。

ピコレーザートーニング1回でしみ・そばかすはとれますか?
薄いしみやそばかすは1回でもかなり薄くなりますが、肌の奥にあるメラノサイトがメラニン色素を作らなくなるまで複数回の治療をお薦めします。
ピコレーザートーニング治療の当日は化粧や洗顔はできますか?
当日治療後にお化粧してお帰りいただけますので、化粧品等をご持参ください。肌が敏感になっていますので、当日及び治療後2〜3日はこすったりせず、優しく洗顔してください。また日焼けしないように十分注意して、保湿をしっかり行なってください。
ピコレーザートーニング治療美白効果はどれくらいですか?
ほとんどの方は1回目から治療部位が1トーン明るくなったと実感されると思います。
ピコレーザートーニングに副作用等はありますか?
ピコレーザー装置は医療機器ですので、医療機関で使われていればまったくありません。
どれくらい時間がかかりますか?
初回は問診などがあるため1時間程度、2回目以降は20~30分程度です。

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2021 ginza miyukidoori biyougeka All Rights Reserved. このサイトの監修・文責 医師・医学博士 水谷和則