人中短縮 | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

人中短縮(リップリフト)の施術

人中短縮とは

人中短縮術とは、鼻と上唇の間を短くする手術です。上唇が自 然に引き上がるので上唇リフト・リップリフトと呼ばれること もあります。
人中(じんちゅう・にんちゅう)と呼ばれる、鼻から上唇まで伸びる唇上部の溝の部分が長いと、鼻の下が間延びしてのっぺりとした印象の顔になり、アンバランスな面長に見えてしまいます。
そこで、人中および鼻の下の皮膚を短くしてバランスの良い 小顔にするための治療として、人中短縮術(じんちゅうたんしゅくじゅつ)があります。わずかな皮膚を切除するだけなのに変化がある、満足度の高い治療と言えます。

  • 鼻の下が長い
  • 人中を長くしてバランスを整えたい
  • 鼻と唇の間の距離を縮めたい
  • のっぺりと間延びした顔の印象になっている
  • 鼻の下が長くて面長に見えてしまう
  • 小顔になりたい
  • 上唇を引きあげボリュームアップしたい
人中短縮とは

人中短縮術(リップリフト)では、鼻の下の皮膚を一部切除し、縫合します。
これにより、短くなった皮膚に引っ張られ上唇がやや引き上げられ、人中が短くなります。
切開するので薄い傷ができますが、鼻の穴の中に隠れる位置を切除するため、傷はほとんど目立ちません。
治療時間は1時間程度です。
術後は人中が短かくなって、上唇が自然に上向きに持ち上げられます。
上唇が自然にボリュームアップするので、お顔全体が可愛らしく華やかな印象となります。
また面長感が減って小顔効果もあります。

人中短縮とは

人中短縮術(リップリフト)では、どの程度の皮膚を切除するかで仕上がりのバランスが大きく変わります。
理想的なバランスを実現するため、ご希望を伺いながら慎重にデザインします

人中短縮とは

人中短縮術(リップリフト)では、鼻の下の皮膚を切除するため、人中の皮膚が短くなります。
その結果、切除した皮膚に上唇が自然に引き上げられ、上唇が自然にボリュームアップします。
これがリップリフトと呼ばれる理由です。

術前

こちらの方の場合は鼻下が2cm以上あるためバランスが悪く、やや間延びした印象です。
老けて見える原因にもなります。

術後

人中を5mm程度短縮してバランスを整えました。
上唇の位置が上がり、ボリューム感も増して綺麗な上唇のラインができました。バランスが整ったことで、顔全体が小さくなったような印象です。(まゆの高さもあご先の位置も同じなのに、術後の方が小顔に見える)
鼻の穴のラインに沿って切開と縫合を丁寧に行なったため、傷跡は目立ちません。
時間の経過と 共に傷跡はさらに薄くなってゆき、最終的にはほとんど分からなくなります。

人中短縮の症例
  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。

術後はテープで保護し、1週間後に抜糸のための通院があります。

人中部に腫れや内出血が出ることがあります。

2~3日は痛みや熱感が出る場合があります。

腫れは個人差がありますが、1~2週間程で落ち着きます。

傷跡は1ヵ月程赤みがありますが、時間の経過と共に目立ちにくくなってゆきます。

https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2021 ginza miyukidoori biyougeka All Rights Reserved. このサイトの監修・文責 医師・医学博士 水谷和則