ブタ鼻、鼻の穴が見えるなどの鼻整形 | 銀座みゆき通り美容外科・美容皮膚科・婦人科形成:東京(銀座)・大阪(梅田)

豚鼻・鼻先延長(鼻中隔延長術)の施術

鼻中隔というのは鼻の穴を左右に分ける、壁の役割をしている軟骨で、鼻中隔軟骨と言われています。

鼻中隔軟骨には鼻を上と後ろから支えるという役割がありますが、この鼻中隔軟骨が小さい場合は鼻先が短くなってしまい鼻の穴が正面から見える、いわゆる "ブタ鼻"になってしまいます。この鼻中隔軟骨をのばすことで鼻先の形を整えるのが鼻中隔延長術という治療です。

鼻中隔延長術(鼻先延長術)とは

鼻中隔を延長するためには、この鼻中隔軟骨に他の軟骨を継ぎ足すことで延ばします。鼻中隔軟骨は土台としてしっかりした部分ですから、鼻中隔軟骨に軟骨移植を行うことによって、支えが不安定な鼻先や鼻柱であっても十分に高さを出したり、伸ばしたりすることができます。

鼻中隔延長術(鼻先延長術)の方法

軟骨移植といっても、鼻先と鼻中隔軟骨は距離が離れていますから、鼻先に軟骨を移植する場合とは異なり、鼻中隔軟骨に大き目の軟骨を継ぎ足して鼻尖方向や鼻柱方向に延長し、ここに鼻翼軟骨を縫い付けて固定します。手術は全て鼻の穴の中から行うので、傷痕が見える心配はありません。移植する軟骨は耳介軟骨、鼻中隔軟骨、肋軟骨のいずれかを使用します。

耳軟骨は、術後に耳が変形することがない範囲で採取するので、軟骨の大きさや強度に限度があります。 このため左右の耳から、耳の形に影響が出ない範囲でなるべく大きな軟骨を採取して、2枚合わせに鼻中隔軟骨の下端に固定して延長します。

鼻中隔軟骨を使用する場合は、土台の強度が保たれる範囲で鼻中隔軟骨の一部をくり抜いて、これを延長用に使用します。耳軟骨に比べて十分な強度と大きさが確保できるので、より大きな効果を出し易いメリットがありますが、もともと極端にの鼻中隔軟骨のサイズが小さいケースでは適応できません。

肋軟骨の場合は最も大きな軟骨を採取できるので、必要な分だけ延長できるのが最大のメリットですが、肋軟骨を採取するために胸を4~5cm皮膚切開する必要があり、傷跡が残る手術ですので、耳軟骨や鼻中隔軟骨では延長に必要なサイズが確保できない、あるいは特殊な修正手術のケースの場合のみ適応となります。

鼻は立体的な部位で、骨、軟骨、皮膚がそれぞれ位置を保ちながら存在していますので、鼻先の形成を行なう場合、鼻中隔延長術だけでは希望通りに仕上がらないことがあります。その場合は他の治療をいくつか組み合わせて行ないます。

  • 鼻の印象を小さく・・・小鼻縮小と組み合わせ
  • 鼻の印象をスリムに・・・プロテーゼ隆鼻術と組み合わせ
鼻中隔延長術(鼻先延長術)とは

鼻中隔延長術+鼻翼縮小(小鼻縮小)+鼻先形成(鼻尖鼻耳)

術前

鼻先に丸みがあり、ややアップノーズな状態です。このような形を好まれる方もいますが、少し鼻先を下に下げて、丸みを緩和するときれいなラインになります。

術後(3か月後)

鼻尖の高さを出し、同時に鼻尖や鼻柱を下げるように鼻中隔軟骨と延長し、鼻尖縮小術と耳介軟骨によって鼻先を細くしました。
合わせて鼻翼縮小を行うことで小鼻を少し小さくし、バランスを整えました。
理想的な形になれたとのことで、大変満足していただけました。

鼻中隔延長術+鼻翼縮小(小鼻縮小+鼻先形成(鼻尖鼻耳)

I型オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術+鼻中隔延長術

術前

鼻根部(目と目の間)が低く、鼻先も丸みがあり、鼻の穴が正面から丸く見える状態です。

術後(2か月後)

鼻尖の高さを出し、同時に鼻尖や鼻柱を下げるように耳介軟骨によって延長し、鼻先を細く修正しました。

鼻すじはオーダーメイドプロテーゼ法(I型プロテーゼ)で形成しています。鼻の美容手術はたいてい鼻の穴の内部の切開から行いますが、鼻中隔延長術で軟骨を固定する部分は鼻の奥深い位置であるため、正確に手術操作を行うために両側の鼻の穴の内部と、鼻の穴の間の部分(鼻柱) を連結して皮膚切開する方法(オープン法)で手術を行っています。

I型オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術+鼻中隔延長術

I型オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術+鼻中隔延長術

術前

鼻根部(目と目の間)がやや低く、鼻の穴が正面から見える状態です。

術後(2か月後)

鼻尖や鼻柱を下げるように鼻中隔軟骨と耳介軟骨によって延長し、鼻先を細く修正しました。鼻すじはオーダーメイドプロテーゼ法(I型プロテーゼ)で形成しています。

I型オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術+鼻中隔延長術

I型オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術+鼻中隔延長術

術前

鼻根部(目と目の間)が低く、鼻先も丸みがあり、鼻の穴が正面から丸く見える状態です。

術後(3か月後)

鼻尖の高さを出し、同時に鼻尖や鼻柱を下げるように耳介軟骨によって延長し、鼻先を細く修正しました。 鼻すじはオーダーメイドプロテーゼ法(I型プロテーゼ)で形成しています。

I型オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術+鼻中隔延長術
  • 皮膚を切らない目の下のクマ・たるみ治療 220,000円〜550,000円(税込)

保険適用外(自由診療)です。料金には消費税、麻酔代、薬代が含まれています。

  • 当院では、極端に安い金額で広告やホームページに表示して、実際に行ったら4〜5倍の金額を提示するような、いわゆるおとり広告的な手法は行っていません。
  • 各種クレジットカード、医療ローンがご利用いただけます。

手術後しばらくは傷あとが赤く硬くなります。通常は3か月程度で落ち着きますが、6ヶ月以上かかる場合もあります。

術後に鼻の粘膜が腫れてしばらく鼻閉症状が現れますが、通常は1〜2週間程度で回復します。

SNSアカウント

SNS

東京院インスタグラム
ginza_miyuki

大阪院インスタグラム
miyuki.osaka.iwai

東京院(銀座)

〒104-0061
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階

0120-858-800

大阪院(梅田)

〒530-0002
大阪市北区曽根崎新地1-5-18 零北新地 5F

0120-020-878

Copyright©2021 ginza miyukidoori biyougeka All Rights Reserved. このサイトの監修・文責 医師・医学博士 水谷和則