目頭切開目頭切開

目頭切開とは(蒙古ヒダについて)目頭切開とは(蒙古ヒダについて)

蒙古ヒダというのは、目頭にかぶさるように上のまぶたからの皮膚がついている部分のことを言います。日本人などの黄色人種には多くみられます。(日本人でももともと無い方も多いですが) 西洋人にはありません。この蒙古ヒダを切開して、もともと無い方のようにする治療が「目頭切開」です。

目頭切開とは(蒙古ヒダについて)

蒙古ヒダと二重まぶたのタイプ

二重まぶたは末広がり型と平行型の二つのタイプがあります。 本来二重まぶたは平行型になるものですが、目頭に蒙古ヒダがあると、二重の内側が蒙古ヒダに引き込まれてしまうため、 目頭側が一重に見える、末広がり型二重まぶたになっている場合があります。

蒙古ヒダと二重まぶたのタイプ

二重まぶたが末広がり型であることは全く問題ないのですが、元々二重の方が並行型の二重にしたい場合はこの蒙古ヒダを除去します。 元々が一重で、平行型の二重にしたい場合は埋没や切開などの二重治療と同時に目頭切開を行ないます。 ただし、蒙古ヒダを残したままできるだけ平行に近い二重まぶたにすることもできます。

蒙古ヒダと二重まぶたのタイプ

左右の目の間隔が縮まり、鼻筋が通った印象に

左右の目が離れて幼く見えたり、キツイ目つきに見える場合も蒙古ヒダを取り除く目頭切開術が効果的です。 目頭切開術を行うと、左右の目の間隔が短くなり鼻筋が通ったメリハリのあるお顔の印象になります。
また、蒙古ヒダで隠されていた部分が出るので、目が大きく見えます。 まつげが蒙古ヒダに押さえられて下向きになっている状態の改善も可能です。

目頭切開とは(蒙古ヒダについて)


目頭切開術の方法

目頭切開の代表的手術法にはW形成法(内田法)目頭切開術とZ形成法目頭切開術があり、当院では患者様のまぶたの状態に適した目頭切開手術法を選択して施術しています。 目頭切開術をした部分は、髪の毛ぐらいの細いナイロン糸で縫合します。



目頭切開術の実例

症例写真1

症例写真1

手術前:
奥二重でまぶたのだぶついた感じを解消するため、二重切開術と目頭切開(W形成法)を行ないました。

症例写真1

手術後(3ヵ月後):
弛んだ感じも解消しています。スッキリした平行型二重まぶたになりました。

症例写真1

手術後(3ヵ月後):
目を閉じても傷は目立ちません。



症例写真2

症例写真2

手術前:
末広がり型二重まぶたを平行型二重まぶたにするため目頭切開術(Z形成法)を行いました。

症例写真2

手術後:
自然な平行型二重まぶたになりました。



手術料金(税込) 手術時間
目頭切開術 ¥275,000 30分程度
二重術と同時に行なう場合 ¥220,000

[ 主な注意事項 ]
手術後は腫れが出る場合があります。抜糸まで1週間程度は糸が付いた状態になります。

その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断! リモートカウンセリング予約はこちら
ページの上へ