目の下のくま・たるみ/独自の技術で、7201件の治療実績 目の下のくま・たるみ/独自の技術で、7201件の治療実績

コミック形式でわかりやすい 目の下のくま・たるみの原因と治療

目の下のくま・たるみと涙袋の関係 目の下のくま・たるみと涙袋の関係

涙袋(涙堂)とは、下まぶたの縁に沿った膨らみのことです。普段から涙袋(涙堂)がぷくっと膨れて目立つ人もいますが、笑顔の表情で特に際立ちます。

涙袋(涙堂)は若々しいチャーミングな目元の特徴でもあり、下まぶたにヒアルロン酸や脂肪を注入して涙袋(涙堂)を形成する治療は大変人気があります。

涙袋(涙堂)がくっきりきれいに見えるためには、涙袋(涙堂)の膨らみがあると同時に、涙袋(涙堂)の境目の溝がくっきりとしていなければなりません。この溝を下眼瞼溝(かがんけんこう)と言います。

下眼瞼溝が深く、くっきりとしていることが、涙袋(涙堂)が際立つ絶対条件です。

涙袋(涙堂)

実は涙袋(涙堂)と目の下のくま(影ぐま)・たるみには密接な関係があります。

目の下が脂肪によって膨れていると、下眼瞼溝も膨れてしまうので涙袋(涙堂)がぼやけてしまうのです。

このため目の下が膨れてくると、本来は涙袋(涙堂)があるにもかかわらず、一見涙袋(涙堂)が無いように見えることもあるのです。

本来は涙袋があるにも関わらず、目の下が腫れているため、一見涙袋がないように見える

このような状態に注入法による涙袋(涙堂)形成を行うとどうなると思いますか?。
中には良い結果が出る場合もありますが、たいていは涙袋の膨らみとまぶたの膨らみが合体して、ますます目の下のくま・たるみが目立ってしまうのです。。
それではどうしたらいいのでしょうか?。
目の下のくま(影ぐま)・たるみをなくしてしまえば良いのです。。
そうすることによって、目の下の膨らみに埋もれていた涙袋(涙堂)がくっきりと現れます。

目の下のクマ(紫クマ)・たるみを治療した結果、埋もれていた涙袋がくっきりと現れたイメージ①

目の下のクマ(紫クマ)・たるみを治療した結果、埋もれていた涙袋がくっきりと現れたイメージ②

もし目の下のくま(影ぐま)・たるみを治したが涙袋(涙堂)が小さかった場合、注入法による涙袋形成術で、より大きく、くっきりとした涙袋(涙堂)を作ることができます。

目の下のクマ・たるみを治した結果、埋もれていた涙袋が現れた。

くま・たるみの症例写真はこちら 動画で見る治療体験談
目の下のくま解消術の専門サイト
インスタで見るくま治療ビフォーアフターインスタで見るくま治療ビフォーアフター
その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ