ハンモックリフト

リフトアップ・フェイスリフト治療

お顔は加齢により、少しずつしわやたるみが進行します。数年前の写真などと比べてなんだか老けた気がする・・・なんとかしたい!という方に人気なのが「フェイスリフト(リフトアップ)治療」です。
皮膚を切る治療、糸を皮膚に入れる治療、高周波などによる治療など、様々な種類が開発されていますが、 中でも皮膚を切らずに高いリフトアップ効果の出せる、糸による治療が人気を呼んでいます。糸は先端が丸くなった突起がたくさんついているので、しっかりとリフトアップしながら、皮膚や皮下組織を傷つけることがありません。


リフトアップ・フェイスリフトのポイントは「頬の頂点の位置」

頬は丸みを帯びていますが、その丸くなった頂点・一番高い場所がどこにあるのか?を見てみましょう。
たるみのない方の場合は頬骨の上か頬骨の少し下あたりが頂点になっていますが、たるみの進行している方の場合はそれよりも下がってています。頬の位置が下になるとどうしてもたるんだ印象になります。



■頬のたるみがほうれい線を深くする


お顔のたるみ症状の中でも一番気になるのは、ほうれい線やマリオネットラインなどでは ないでしょうか。
では、ほうれい線やマリオネットラインなどが深くなる一番の原因は?
それはお顔の中でもっとも重みがある部分「頬のお肉」がたるむことなのです。

試しに、頬のお肉を指で少しだけ斜め上に引き上げてみると、ほうれい線やゴルゴラインが 薄く、目立ちにくくなり、見た目も若返るのがわかります。
まるで指で頬を引き上げた時のように、頬下がりを解消し若々しい印象にする治療が 「ハンモックリフト術」です。

新しいフェイスリフト治療「ハンモックリフト術」とは

ハンモックリフト術は銀座みゆき通り美容外科が開発した独自のフェイスリフトアップ治療です。 リフト力が強いコグ(トゲトゲ)付きの吸収糸(溶ける糸)を眼窩骨膜を通して挿入する ことでしっかりとした保持力を維持しながら、片側2 本(両側で4 本)の糸で 頬を吊るようにリフトします。

頬のリフトに特化することで、最少限の糸だけでお顔の印象を若々しくリフトアップする ことができる全く新しい治療です。


ハンモックリフト術のポイント

①4 本(片側2 本)の短い糸だけでリフトアップ

一般的な糸でのフェイスリフト治療の場合、しっかりリフトアップ効果を出すために片側で も6 本以上の糸を挿入します。 ハンモックリフト術は片側2 本の糸だけで頬を引き上げます。さらに眼窩骨膜を 通す術式なので通常の半分程度の長さの糸です。口元などの動きが多い部位を通らない ので、引きつれなどのリスクが減少します。

効果

②持続効果の長い溶ける糸を使用

吸収糸を使用したフェイスリフト治療は、半永久的に糸が体内に残ることがないため 安心できる治療ですが、あまり早く吸収されてしまうとリフト効果が長く続かない という問題がありました。

一般的な溶ける糸でのフェイスリフト治療で使用される 吸収糸はPOD と呼ばれる素材で作られており、吸収されるまでの持続期間は6~8 ヶ月 ですが、ハンモックリフト術で使用される吸収糸はPCL と呼ばれる素材で作られており、 持続期間は24~36 ヶ月と長いのが特徴です。

また、特に工夫されたコグは、一般的な吸収糸より丸みがあるため挿入時及び治療後の 痛みが発生しづらいようになっています

効果



③皮膚を切らないから傷跡も残らない

ハンモックリフトの治療では皮膚を切る必要がないので、傷跡が残る心配がありません。

④目の下のたるみ治療との同時治療で、驚きの若返り

ハンモックリフト術に限らず、糸によるリフトアップ術だけでは目の下のたるみ(くま)を改善することはできません。 ですがハンモックリフト術は当院で行なっている目の下のたるみ・くま治療と同時に治療することができるので、 1度の治療で見た目年齢の重要ポイントである「頬の位置を上げる」と、「目の下のたるみをなくす」コンビネーション治療がおすすめです。


手術料金
ハンモックリフト(両頬) 500,000 円(税別)
※目の下のたるみ・くま治療と同時治療の場合 250,000 円(税別)

フェイスリフト

その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ