鼻骨ワシ鼻修正|鼻の整形手術鼻骨ワシ鼻修正|鼻の整形手術

ワシ鼻(鷲鼻)修正術とは

鼻すじの中ほど部分が突出して目立つ鼻をワシ鼻(鷲鼻)と言います。これを削り落として真っ直ぐなラインにするのがワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)です。突出部分はハンプと言うので、別名ハンプ削りとも言います。



ワシ鼻になる原因は骨と軟骨

いわゆるワシ鼻は鼻骨と鼻軟骨という2種類の骨が隆起していることが原因で、この隆起した2つの骨の部分を合わせてハンプと呼びます。 鼻骨はいわゆる固い骨で、頭蓋骨と一体になっている固い骨です。 鼻軟骨はやや柔軟性のある軟骨で鼻骨と繋がっており、この繋がっている部分が隆起している状態がワシ鼻です。

このワシ鼻を削ることで、隆起のない自然できれいなラインを作ることができます。 ただし、骨を削るだけの治療では改善しない場合が多いです。

ワシ鼻になる原因は骨と軟骨


骨削りだけでは改善しない理由

ワシ鼻の患者様は鼻が高い場合が多く、ワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)によってちょうど良い鼻すじの高さになる場合がほとんどなので、ワシ鼻の出っ張り部分であるハンプ部分を削る治療を行ないます。

ハンプは上半分が硬い骨で、下半分は軟骨です。骨はある程度ヤスリで削ることができますが、軟骨は硬めのゴムのような組織のためにヤスリで擦ってもほとんど削ることが出来ません。 ワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)の手術は鼻の穴の入口付近を切開してアプローチしますので、切開部分からヤスリを挿入すると、骨の手前に軟骨があるために、骨をヤスリで削ろうとしても軟骨を擦りつけているだけで一向に削れないのです。



軟骨カット+骨削りで改善

軟骨はメスやハサミのような鋭利な刃物でしか削ることが出来ません。 このため当院のワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)では、まずハンプの軟骨部分をメスで適量カットし、次いで鼻骨を専用のノミで削り取ります。

軟骨カット+骨削りで改善


幅寄せ

ハンプが大きい場合はハンプを削ったことで鼻すじが太く平らになってしまうことがあるので、引き続き鼻すじを細く整える鼻骨幅寄せ骨切り術を行い、術後は鼻すじをプラスチックギプスで固定します。

症例写真

ワシ鼻修正術の実例

症例写真

症例写真

手術料金(税込) 手術時間
わし鼻削り+鼻骨幅寄せ骨切り、整鼻術 ¥715,000 2時間程度

[ 主な注意事項 ]
手術後鼻周囲の腫れが生じますが、2~3日目から徐々に軽減し、1週間程度で落ち着きます。内出血が出る場合がありますが、1~2 週間程度で消失します。



その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断! リモートカウンセリング予約はこちら
ページの上へ