たれ目形成たれ目形成

たれ目形成(下瞼開大術)とはたれ目形成(下瞼開大術)とは

目尻側の下まぶたを下げて、いわゆるタレ目にする治療です。 優しく柔らかな印象なり、目も上下に大きくなるため、当院ではご希望の方が多い施術です。 ツリ目を改善するだけでなく、目全体の印象を自然に変えることができる治療です。

治療方法はボトックス注射で筋肉の働きを弱める方法と、手術によって目尻を下げる方法があります。

目頭切開とは(蒙古ヒダについて)

ボトックスによるたれ目形成

ボトックス (BOTOX) はボツリヌス菌が産生するタンパクを加工して作られた医薬品で、筋肉の動きを弱める作用があります。 この作用を利用して、下まぶたを閉じる働きをする眼輪筋の一部にボトックス (BOTOX) を注射することで、眼輪筋の収縮力が弱くなり、結果的にまぶた外側が少し開くので、ちょうどアッカンベーをした時のように、少しだけ目を大きくすることができます。

効果は4ヶ月間程度なので、効果の継続を希望する場合は治療を反復します。切開手術と比べて効果は控えめですが、腫れや傷痕の心配が無く、通院も不要です。また薬は安全量の範囲で注入するので、身体に対する負担や危険性はありません。

ボトックスによるたれ目形成

手術によるたれ目形成(下瞼開大術)

下瞼開大術(たれ目形成術)は、ちょうどアッカンベーをした時のように、下まぶたの目尻側を広げる(引き下げる)ことによって、つり目を垂れ目気味に修正し、同時に目を大きくする手術です。

下まぶたの裏側(結膜側)をレーザーで切開し、capsulo-palpebral fasciaという部分を縫い縮めて下まぶたを裏側から引き下げます。引き下げが軽度の場合は、この処置のみで終了です。
腫れが少なく、皮膚を切らないので、傷痕の心配がありません。
手術の翌日からアイメイクも可能です。
コンタクトレンズは 1週間後から装着可能です。

ボトックスによるたれ目形成

ある程度引き下げる場合は、裏側(結膜側)の引き下げと同時に表側(皮膚側)の引き下げも行う必要があります。 この処置を行うことで、下まつ毛が外側を向くので、目がより大きく見える効果があります。

表側(皮膚側)の引き下げは、下まつ毛の生え際を皮膚切開し、皮膚を適度に切除して、
極細の糸で縫合します。 糸は1週間後に抜糸します。
抜糸後からアイメイク可能です。
傷の回復が早い部分なのと、傷は目の下のラインにまぎれてしまうのでほとんど分からなくなります。

ボトックスによるたれ目形成

下瞼開大術の実例

症例写真1(目尻切開術+下瞼開大術:垂れ目形成術)

症例写真1

術前:
目を大きくして同時につり目を改善させる目的で、目尻切開術と下瞼開大術(たれ目形成術)を併用して手術しました。

症例写真1

術後12日目:
下瞼開大術(たれ目形成術)は、裏側、表側の両方の処置を行っています。目尻が横に広がると同時に、下まぶたが引き下げられて、つり目が治り、目が大きくなっています。



症例写真2(下瞼開大術:垂れ目形成術)

症例写真2

術前:
目を大きくして同時につり目を改善させる目的で、目尻切開術と下瞼開大術(たれ目形成術)を併用して手術しました。

症例写真2

手術中:
垂れ目形成術(下眼瞼開大術)は、下まぶたの裏側からアプローチして、まぶたの引き下げをしました。まぶたは下がっていますが、下げた分表側の皮膚が余ってしまい、逆さまつ毛のような感じになってしまいます。

症例写真2

手術直後:
余分な皮膚を切除縫合して、逆さまつ毛状態を修正したところです。これで手術終了です。白眼が赤いのは、部分的に内出血しているためです。1~2週間で吸収されて消えます。縫合した糸は1週間後に抜糸します。

症例写真2

手術2週間後:
シミュレーション通りの目に仕上がりました。手術前と比べて、目が一段と大きくなり、華やかでやさしい印象です。まつ毛に沿った傷跡が少しだけ赤いですが、赤みが引けば傷痕は近くで見ても分からなくなります。



症例写真3(下瞼開大術:垂れ目形成術)

症例写真3

術前:
目を大きくして同時につり目を改善させる目的で、目尻切開術と下瞼開大術(たれ目形成術)を併用して手術しました。

症例写真3

手術直後:
下まぶたの裏側で引き下げを行い、引き下げた分だけ余りが生じた表の皮膚を切除します。つまり表側と裏側を均等に引き下げて、下まぶたの理想的なカーブを作り上げます。

症例写真3

術後2週間目:
白目の内出血も消え、ほぼ完成形と言えます。傷跡もほとんど分かりません。つけまつげも映える華やかな目元になりました。



手術料金(税込) 手術時間
たれ目形成 ボトックス 75,900円(税込) 20分程度
たれ目形成 下まぶた開大術 495,000円(税込) 90分程度

[ 主な注意事項 ]
手術後は腫れが出る場合があります。抜糸まで1週間程度は糸が付いた状態になります。

その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断! リモートカウンセリング予約はこちら
ページの上へ