婦人科形成/女性器の形や色など、女性のデリケートゾーンのお悩みは、誰にも相談しづらいものです。

副皮とは?副皮とは?

副皮(ふくひ)とは、小陰唇と大陰唇の間にあるヒダ状の皮膚のことで、副皮が全くない人もいますが、クリトリスにかけてヒダがある方や、片側だけにある方もいます。これは病気ではありませんが、ヒダの間には汚れがたまりやすいので、ニオイや炎症の原因になる場合があります。 また見た目が良くない、左右のバランスが悪い、といった外見の悩みにつながるケースもあります。副皮切除術はこうした悩みを解決するために、余分なヒダを切除して女性器の形を整える手術です。小陰唇などと同時に治療する場合も多いです。

切除のデザイン

副皮切除手術手順

産婦人科の診察台のような手術台に両脚を乗せて仰向けになり、最小限度(通常はIラインのみ)を剃毛します。 ナノニードルという極細の針で麻酔をしますので痛みはとても少なくなります。担当医が切除ラインを正確にデザインし、肥大部分をメスで正確にカットしてから縫合します。麻酔を使用しますので痛みはありません。

手術後の通院・生活・性交渉

手術後、麻酔が切れると少し痛みが出る場合がありますので、その前に痛み止め薬を内服し、手術当日はできるだけ安静にしてください。 手術後数日は微量の出血があるので、この間はナプキンかガーゼを患部に当ててお過ごしください。 日常生活や家事、事務仕事は翌日から可能です。シャワー浴は手術の翌日から可能です。バスタブに浸かる入浴は手術1週間後から可能です。

表面をナイロン糸で縫合する場合は1週間後に抜糸の為に再来院していただきます。一方、溶ける糸で縫合した場合は抜糸の必要がないので再来院は不要です。ナイロン糸でも溶ける糸でもどちらでも仕上がりに変わりはありませんので、ご希望によってどちらかを選択していただけます。 なお縫合糸の種類によらず、心配なことがあれば、いつでも無料で診察します。

副皮切除手術の料金

手術料金(税別) 手術時間
20万円 30分程度
その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ