バストトップ/乳頭・乳輪の形や色など、バストのお悩みは、誰にも相談しづらいものですバストトップ/乳頭・乳輪の形や色など、バストのお悩みは、誰にも相談しづらいものです

乳頭縮小術(乳首縮小術)とは?乳頭縮小術(乳首縮小術)とは?

乳頭縮小術(乳首縮小術)とは、全体的に肥大した、先端が膨らんで大きくなった、あるいは長くなった乳首を部分的に切除して、小さく、短くして形を整える治療で、当院のバストトップの治療の中では、最も相談される方が多い治療です。

乳頭が長くなる原因は、生まれつき(先天性)の場合もありますが、一番の原因は妊娠、そして授乳です。 妊娠すると授乳に備えて乳首は、赤ちゃんがくわえやすいように大きくなります。 そして授乳を終えた後も、乳首はそのままの大きさのままで戻らない場合が多く、中には長く伸びて垂れ下がってしまう方もいます。生まれつきの場合も、長過ぎるため擦れて痛みがあったり様々なトラブルがあるため、縮小術を行なう場合があります。

治療治療

乳頭を縮小する治療には、乳頭の直径を細くする方法、乳頭の長さを短くする方法、など外見についての違いや、手術後にも授乳できるようにする方法、手術後の授乳は考慮しない方法など、乳頭の機能についての違いなど、いくつかの手術方法があります。
実際には医師がご希望をお伺いし、状態を診察させていただいた上で、最適な方法をご提案いたします。

乳頭を細くする治療

乳頭の一部(図の黄色い部分)を扇形に切除して縫合します。乳管を切除せずに治療することで、術後の授乳ができます。

乳頭を細くする治療

乳頭を短く(高さを低く)する治療 【乳管温存法】

乳頭の根本、乳輪に近い部分の一部(図の黄色い部分)を切除し、縮めるように縫合します。乳管を切らないので、術後に授乳することができます。ただし、乳管を残すように切除するため、十分に短くできない可能性がありますので、比較的長さが少ない方に適した治療法です。

乳頭を短く(高さを低く)する治療 【先端切除法】

乳頭の先端部分(図の黄色い部分)をくさび形に切除し、先端を形成して縫合します。乳頭の長くなった部分と乳管を切除するので、どのような状態でも確実に乳頭を短くすることができます。ただし、乳管を切除するので術後には授乳することができなくなります。乳管は授乳以外には必要ないものなので、切除すること自体には問題はありません。

乳頭を細くする治療乳頭を短く(高さを低く)する治療 【先端切除法】

乳頭を短くし、同時に細くする治療

乳頭を短くする治療と、乳頭を細くする治療は同時に行なうことができます。

手術の痛み

手術は常に無痛にしてから行いますから痛くありません。痛みを感じるとすれば、麻酔の時ですが、当院のバストトップ形成の麻酔はナノニードルという、極細の注射針で行うので、通常の麻酔よりも痛みが非常に少なくなっています。 それでも心配な方には、笑気麻酔(マスク麻酔)や静脈麻酔(無痛麻酔)をオプションで追加することもできます。

手術後の通院・生活

手術後、麻酔が切れると若干痛みが出る場合がありますので、痛み止めの内服薬を処方しております。麻酔が切れる前に内服して、手術当日はできるだけ安静にお過ごしください。 患部はガーゼで保護しますが、その上から締め付けの少ないブラジャーをお使いいただけます。

患部を保護するガーゼは手術の翌日に外し、以後、石鹸を使いシャワーで洗い流すことができます。微量の出血が数日程度続く場合があるので、シャワー後に交換用のガーゼを患部に当ててお過ごしください。

日常生活や家事、事務仕事は翌日から可能です。シャワー浴は翌日から可能、湯船の入浴は1週間後から可能です。

飲酒や運動は1週間控えてください。乳首への強い刺激は1ヶ月間程度避けるようにしてください。 1週間後に抜糸の通院があります。

乳頭縮小手術治療の料金

手術料金(税別) 手術時間
35万円・片側だけの場合は20万円 60分程度

乳頭肥大の悩み Q&A

Q1乳首の大きさがどのくらいだと肥大していると言えますか?
A乳首が大きいと感じるサイズは個人差がありますが、乳首の平均的なサイズは高さ9mm、直径10mmくらいといわれています。 手術治療になる場合は、ご相談の上なるべくご希望の大きさになるようにいたします。
Q2乳首はなぜ肥大してしまうのですか?
A生まれつきによるものと、授乳によるものがあります。 性経験が豊富だから、などと誤解される場合もあるようですが、実際は関係ありません。もし悩みが深刻で精神的に負担になっているのなら、手術を考えてみても良いのではないかと思います。
Q3乳頭縮小手術をした後に、また肥大することはありますか?
A手術後に、再度授乳すれば肥大する可能性がありますが、手術前ほど肥大することはありません。もしも再度肥大した場合には、再手術によって縮小させることができます。
Q4乳頭縮小手術の傷跡は目立ちませんか?
A乳首はもともと傷の治りが良く、傷痕が目立ちにくい部位です。また、美容外科・形成外科の認定専門医が丁寧に施術しておりますので、心配ありません。
Q5乳頭縮小手術をした後に、どのくらいで仕事復帰できますか?
A事務仕事や家事程度であれば、翌日から普通に仕事復帰できます。 汗をかくようなお仕事の場合は、加減すれば翌日からでも可能ですが、可能なら数日程度回復を待ってから復帰としたほうが良いでしょう。
Q6乳頭縮小手術をした後に、不感症になる心配はありませんか?
A切除縫合した部分が、一時的に感覚が鈍くなることがあります。傷が癒えるにつれて元の感覚に戻るので、ご安心ください。
Q7未成年ですが手術できますか?
A手術同意書のご記入などにより保護者の同意が確認できれば手術できますが、 原則として保護者の方とご一緒にカウンセリングを受けるようにしてください。
Q8乳首の縮小と一緒に、乳首の黒ずみを薄くすることはできますか?
A乳首や乳輪の黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着によるものです。トレチノインやハイドロキノンなどの軟膏薬でメラニン色素を脱色して色を薄くすることができます。 当院でも多数行っており、治療期間は3ヶ月間ほどかかります。乳頭縮小手術の前に脱色することもできますし、手術後に脱色することもできます。
その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ