バストトップ/乳頭・乳輪の形や色など、バストのお悩みは、誰にも相談しづらいものです

乳頭乳輪の色を薄くする治療とは?乳頭乳輪の色を薄くする治療とは?

乳頭や乳輪は、生まれつき、あるいは思春期や妊娠中に女性ホルモンの影響で、乳首や乳輪のメラニン色素が増えて色が濃くなる場合があります。顔のシミを取る治療のような要領で、乳首や乳輪の黒ずみを脱色して薄くするのが、トレチノイン療法です。 シミや色素を薄くするといってもレーザーなどは使用せず、ぬり薬で脱色します。

乳頭乳輪の色を薄くする治療

治療方法治療

『トレチノイン』と『ハイドロキノン』という2種類のぬり薬と、高濃度のビタミンCローションを、1日2回、手順に従って使うだけです。

治療方法

薬剤が表皮の深い層に働きかけ、メラニン色素を日々少しづつ除去していきます。 使用開始から1ヶ月後にほんのりピンク色になり、2~3ヶ月後には確実に脱色効果が実感できます。

ぬり方にコツがありますので、ドクターや女性スタッフが丁寧にご説明いたします。 治療期間は平均2~3ヶ月で、2週間毎の通院(定期健診)があります。

陥没乳頭手術治療の料金

手術料金(税別)
8万円〜
その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ